50年前の暮らしを描く

開催地:宮城県石巻市
日程:2019.04.15-04.19
対象:社会科学に関心のある小学3年生以上の子ども数名
費用:宿泊費・食費・プログラム体験費として、
小・中学生57,000円程度 / 高校生 63,000円程度
※自宅から仙台駅までの往復交通費が別途発生します。

かつて陸の孤島と呼ばれた美しい漁師町がある。

50年前、その町はその異名を忘れ去られるほどに賑わっていた。そこには、学校、役場、電気屋、食料品店、床屋など、暮らしにまつわるあらゆる機能があったという。その面影は今はなく、人は町から離れ、過疎化が進む。当時の様子を語れる人も多くはない。人はなぜこの豊かな海の土地を離れていくのか。この町を歩き、町の人の話に耳を傾け、かつての繁栄を描く。

忘れもしない2011年3月11日。この町を津波が襲った。時に恵みをもたらす海が脅威に変わった。猛威を振るう津波がこの町をどれほどまでに変えたのか。高波が無残に飲み込んだ大地に立ち、奪われたものへも思い巡らす。

申込締切日:2019.03.24