LECOther Lecture
2016.02.21

SIGプログラム

ロボット作りの発想法!ブロックを使ったロボット製作体験とロボットクリエイターのロボットトークに学ぶ
SIGロボット

Pocket

SIG(Special Interest Group)プログラムは、特定の領域に興味関心を持っている子ども達と、同じ興味を持った仲間と共に、その専門家の話を聞いたり活動しながら、探究心を深めたり、仲間と交流するプログラムに参加しました。

 

SIGロボットのメンバーはチームに分かれ、2日間のプログラムを通してボールを投げる競技ロボットを作成しました。ロボットクリエイターの高橋智隆さんによるトップランナー・トークや、ROCKETスカラー候補生による、プレゼンテーションもありました。

 

日付:2月21日-22日

人数:14人

場所:先端研1号館

img_7580-e1479351980247<<参加者の感想>>

「今回、私がSIGロボットの2日間で学んだことは、紙に描くだけの想像に価値は少なく、実際に動く物や具現化したものに価値があるということです。(中略)高橋先生も実際に作って動く物にしないとわからないところも多い、実際に形にしたらつまらない物かも知れない。その言葉にも衝撃を受けました。自分自身、石橋を叩いて渡ると言いますが、叩きすぎて壊してしまうタイプの人間なので、もう少し大胆に形にしてしまうのも良いのではないかと思いました。」

関連するプログラム