PBLProject Based Learning
2015.09.11

イベントレポート

ミッションを遂行せよ!ROCKET版プロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)報告会

Pocket

各チームにミッションが与えられたのは3月。それぞれの課題を遂行するために、スカラー候補生はネットミーティングや月一回の東京でのミーティングの実施の他、6月から7月にかけて各チームは現地へ赴き、プロジェクトに取り組んできました。そして今期の一区切りとなる9月、ROCKETの活動はまとめの段階となりました。スカラー候補生たちは、それぞれが取り組んできたことやプロジェクトで得たことなどを、発表会という形で保護者を始め、中邑ディレクターやスタッフを前に伝えました。

img_4374

さて、発表会当日。プロジェクト鹿・プロジェクト椅子・プロジェクト茶のそれぞれのプロジェクトは、それぞれ全く異なる方向へと展開され、ミッションをうまく果たせたのではないかというプロジェクトもあれば、自分たちのい課題が見えてきたプロジェクトもあります。自分の取り組んできたことと、このプロジェクトの活動を結びつけて新たな方向へ進んでいる候補生もいれば、課題を突きつけられモヤモヤと考えている候補生もいる…。それもこの答えのないプロジェクトの面白さ、醍醐味ではないでしょうか。

img_4171-e1479369173407

今期の活動の最後に、それぞれのプロジェクトリーダーであるスタッフからスカラー候補生たちにそれぞれのプロジェクトのこれまでの活動が報告され、このプロジェクトを通してスカラー候補生たちに伝えたかったことが話されました。いくつかあるのですが、ここでは一つだけ皆様にもお知らせします。それは、「何かに取り組む真剣さ」。今後、こういったプロジェクトに参加する人にとって、あまり種明かしをしてしまうとつまらなくなってしまうので、詳しくは秘密にしておきますね。

fullsizerender

これから1期生はそれぞれの新しいステージへ進み、ROCKETに2期生が加わって新たな取り組みがスタートしていきます。常に新しいチャレンジをする異才発掘プロジェクトROCKETのこれからにご期待ください。

関連するプログラム