イベント
2021.01.15

*延期* ROCKET トップランナートーク in 館林

Pocket

 

こちらのイベントは、新型コロナウィルスの感染予防対策及び拡散防止の観点から、やむなく延期(実施日:未定)とさせていただくことになりました。ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

 

館林市と東京大学先端科学技術研究センターは、「豊かな個性に着目した新たな教育を目指した事業」の一環として、異才発掘プロジェクトROCKETのプログラムであるトップランナートークを館林市の子どもたちにも聞く機会を提供します。世界で活躍するトップランナーの言葉には、世の中の先を走り未来を切り拓く強烈なメッセージが込められています。その言葉は自分の好きなことに突き進んでいく子どもたちが前に歩き始めるための背中を押してくれる勇気となるでしょう。

 

<スケジュール>

■トップランナー講義
近藤薫氏 「好きを仕事にする-トップバイオリニストの日常って?」

聞き手:中邑賢龍氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)

開催日:2021年2月23日

受付時間:13:30
開催日時:14:00-16:00
所要時間:2時間
対象 :ROCKETパル 小4年生以上とその保護者・保護者のみも可能
開催場所:館林市文化会館カルピスホール
定員:約50 名(ROCKET枠)

 

講師:近藤薫氏

東京藝術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後、同大学大学院修士課程修了。
在学中、藝大派遣によりウィーン音楽大学の夏期講習会に参加し、アルバン・ベルク、アマデウス、ハーゲン弦楽四重奏団のメンバーに学び、室内楽の分野でも研鑽を積む。キャラバンコンサート2002、2005に参加、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、小澤征爾両氏より薫陶を受ける。国内のみならず、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、カナダ、中国、台湾などの各地に客演、透明感のある美しい音色、また、繊細さと力強さの両極をダイナミックに表現するその演奏は、各地で好評を獲てきた。
近年の活動としては、2015年から東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを務める他、フューチャー・オーケストラ・クラシックス(旧・ナガノ・チェンバー・オーケストラ)、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラでもコンサートマスターを務める。長野市芸術館シーズンプログラム・プロデューサーとしてリヴァラン弦楽四重奏団を主宰。東京大学先端研では先端アートデザイン分野の設置に尽力、現在、客員研究員としてアート的な感性による新しい社会概念の構築を目指す。

 

<ご注意事項>

●ご兄弟を同伴される場合、保護者の方の膝の上で一緒に話を聞いていただくのは構いませんが、 会場内には託児スベースはありませんのでご承知おきください。
●低学年のお子様の参加は問題ございませんが、お話が聞けるお子様であることを条件にさせていただきます。そのため、原則として小学3年生以上の方を対象とさせていただきます。
●定員に達した場合、事務局でのキャンセル待ちはお伺いしません。定員に達しますと申込みウェブページの残席数が0になります。その後、キャンセルがあった場合には自動的に席数が増え、 他の方の申込みができるようになります。
●申込みされたのちに参加することができなくなった場合は、申し込みページからキャンセルの申請ができます。より多くの方にご参加いただくため、参加が不可となった場合は、キャンセルにご協力いただけますよう宜しくお願いいたします。

 

こちらのイベントは、新型コロナウィルスの感染予防対策及び拡散防止の観点から、やむなく延期とさせて頂くことがございます。ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

 

<個人情報保護方針>
個人情報の取り扱いについて

本ページからチケットを購入する前に、「個人情報保護方針」における「個人情報の取扱いについて」をご一読の上、ご同意頂ける場合はチケットをお申込みの際「同意する」にチェックを入れて下さい。

ROCKETプロジェクトでは、記録や取材等を目的として撮影やアンケートが実施されます。収集した情報(写真や映像等)は、予告なく、ROCKET活動報告書に利用いたします。また、この活動を広く知っていただき、今後多くの方々にROCKETに参加していただくために、これらの情報を広報資料やホームページにも使用いたします。

 

【お問い合わせ】
03-5452-5064(異才発掘プロジェクトROCKET事務局)

お申し込みはこちら

セミナー・イベント開催情報